主要情報(事業紹介等)

1918年(大正7年)の設立以来、私たちの日常生活になくてはならない「ガラス」という素材にこだわり、さまざまな商品を社会に提供し続けてきました。そして2006年、当社は英国大手ガラスメーカーピルキントン社を買収し、両社による板ガラス分野でのグローバルかつ一体的な運営体制をスタートさせました。新時代を迎えた日本板硝子グループは、これからもさらなる飛躍を目指します。 

売上高: 580,795百万円(2017年3月期)
資本金: 約1,165億円
設立年: 日本板硝子株式会社 – 1918年設立
ピルキントン社 – 1826年設立
            2006年 NSGグループに
従業員数:

連結 約27,000人(2017年3月31日現在)
単体 約2,000人(同上)

フロートライン: 26基(NSGグループ運営)
自動車用ガラス工場: 22ヵ所(14ヵ国)
高機能ガラス工場: 11ヵ所(6ヵ国)
建築用ガラス川下加工事業拠点: 日本、欧州、南米で展開
研究開発費: 8,470百万円(2017年3月期)

事業別の情報は「事業概要」ページをご覧ください。
自動車用ガラス事業はこちら
建築用ガラス事業はこちら
高機能ガラス事業はこちら