化学強化ガラス

ガラスを溶融塩に浸漬し、イオン交換することで表面に圧縮層を形成したガラスです。これにより通常のガラスの5倍以上に強度をあげることができます。

主な特徴

化学強化ガラス
  • 同じ厚みの未強化ガラスの5倍以上の強度が有ります。
  • 薄い厚みのガラスの強化が可能(風冷強化は3mm以上に適応)です。
  • 種々の形状に対応できます。厚みの異なるガラスも対応可能です。
  • 変形が生じないので、高い寸法精度が得られます。

商品例

強化原理
  • 複写機用原稿台ガラス
  • スキャナー用ガラス
  • 光ディスク、磁気ディスク
  • 航空機用風防ガラス
  • 電子レンジ用ドアガラス
  • タッチパネル
  • 電磁調理器用結晶化ガラス