モバイル・リアルタイム PCR

DNA従来の細菌やウイルスなどの遺伝子検査は高精度で有用な一方、装置は大きく高価で検査にかかる時間も長い為、専門施設でしか利用できませんでした。感染の拡大を抑えるには早急に有効な対策が必要だが、その為にも現場で原因となる細菌やウイルスなどを迅速に特定できる遺伝子検査機が求められてきています。

今回、NSGは小さなプラスチック基板で目的の細菌やウイルスの遺伝子を高速に増やす技術と、その遺伝子の量を高感度で測定できる日本板硝子独自の小型蛍光検出技術を組み合わせる事で、高精度のまま小型化と検査時間の短縮を実現しました。

この成果によって、これまで専門施設内に限られていた高精度の遺伝子検査が場所を問わず実施可能となります。様々な細菌やウイルスを現場で素早く特定できる事で、工場などの食品衛生、環境汚染調査のほか、空港や港湾における感染症予防の水際対策での使用など、幅広い分野での活用が期待されます。
★サイズ 200×100×50mm
★重量 約560g
★測定時間 約10分(試薬により異なる)
★項目数 最大3項目
★その他 逆転写可能(ウイルス測定可)
バッテリー(DC5V3A)駆動可
最高使用高度2000m※
振動の影響を受けにくい
カタログにつきましてはこちらをクリック下さい
モバイルリアルタイム PCR
項目   説明
開発技術 NSG独自の開発技術の紹介
操作手順 使用する際の操作方法の紹介
試験報告例 実検体試験 プロトコルの紹介
モバイル・リアルタイム PCRに関するお問い合わせ 
 高機能ガラス事業部門
情報通信デバイス事業部:042-775-1546