開発技術

1、蛍光検出方法

当社マイクロレンズを用いたファイバータイプの蛍光検出光学ヘッドを採用。これにより大幅なサイズダウンとモバイル性を実現しています。

DNA

2、温度制御法

マイクロ流路を使い、高温、低温間で試料を往復させることで、サイズダウン、低消費電力、高速化を実現しています。 DNA2
モバイル・リアルタイム PCRに関するお問い合わせ 
 高機能ガラス事業部門
情報通信デバイス事業部:042-775-1546