Print this pagePrint this page
文字サイズ

トピックス: 「エッジ効果抑制型減音装置デュラカームE-fX®」がテレビ番組で紹介されます

日付
2014年 03月 10日

3月16日(日)18時30分~19時00分 TBS系列「夢の扉」の番組内で、日本板硝子環境アメニティ株式会社の新製品「エッジ効果抑制型減音装置 デュラカームE-fX®」が紹介されます。

エッジ効果抑制型とは、関西大学環境都市工学部 河井康人教授が考案された理論で、遮音壁の頭上部で空気の粒子速度が非常に大きくなるエッジ効果という現象に対して、適切な流れ抵抗を加えることによりエッジ効果を抑制し、高い減音効果を得る仕組みです。

減音装置とは、高速道路等に使用される遮音壁の遮音性能を高める装置です。従来の減音装置に比べ、小型・軽量化を実現し、かつ高性能な減音性能をもつものとして製品化いたしました。

◆高速道路 防音壁での使用例


デュラカームE-fX 500タイプでの置換え(イメージ)

商品紹介ページ:http://www.nea-ltd.com/road/product/edge_fx.html