Print this pagePrint this page
文字サイズ

トピックス: アルプスの展望室に当社グループの製品が使用されています

日付
2014年 06月 23日

フランス南東部シャモニーの町にそびえるエギーユ・デュ・ミディ(ミディ針峰)の山頂に設置 された全面ガラス張りの展望室、こんなところにもNSGグループの製品が使われています。

足下に見える谷底までの距離は1キロメートル以上。「世界一高い展望台」と称されるシャモニー・スカイウォークでは、3,842メートルの山頂に設置された全面ガラス張りの展望室で空中散歩を楽しめるようになりました。背面を除く5面がガラス張りになったキューブ形展望室には12mm厚のオプティホワイト®(Optiwhite™)を3層にした強化合わせガラスが採用されました。

通常のフロートガラスは青みがかっていますが、オプティホワイトは非常に透明感のあるガラスのため、ガラス越しでありながら、より自然な色合いかつクリアなパノラマビューを鑑賞できます。

※オプティホワイト®(Optiwhite™)を使用した強化合わせガラスは今回のコンセプトのための特別仕様です。耐衝撃性と安全性を兼ね備えた最高水準の仕様になっています。

当社グループは、2014年5月15日に発表いたしました、長期戦略ビジョンおよび中期経営計画の下で、高付加価値製品の開発・販売に注力し、VAガラスカンパニーとなることを目指します。

以上

【お問い合わせ先】
報道関係:広報・IR部 TEL 03-5443-9477
お客様:建築ガラス事業部門 お客様ダイヤル TEL 0120-498-023


(ご参考)
オプティホワイト® http://glass-wonderland.jp/products/optiwhite.html
オプティホワイトは鉄分の含有量を少なくすることで、フロートガラスに見られる青みをおさえた透明感のある高透過ガラスです。


◆特長

  1. 高透過
    開口部などの建築用途以外にもショーケースやディスプレイ用ガラスとして使用することで、視認性を高め、ガラス越しに眺める展示物などをありのままに表現します。
  2. 寸法
    最大寸法は、約5,000mm×3,100mmと大きく、大型の建築ファサードやショーウィンドウにも対応できます。

◆用途

建築ファサード、店舗のショーウィンドウ、各種ショールーム、色合いが重要なファクターとなる博物館・美術館の展示ケースなど。