Print this pagePrint this page
文字サイズ

ベトナムでの超薄板ガラス(UFF)用フロートラインの火入れについて

日付
2014年 06月 11日

本年4月7日にお知らせのとおり、当社はベトナムにおいて新設した超薄板ガラス(UFF)用フロートラインの生産開始準備をすすめておりましたが、昨日火入れ式を行いましたのでお知らせいたします。

当該設備は本年度下期より本格生産開始の予定であり、当社グループの超薄板ガラス(UFF)用フロートラインは日本(舞鶴)1基、ベトナム1基の2窯体制となります。

当社のUFFは、従来より中小型液晶用基盤として広く使用されていましたが、タッチパネル用基板ガラスおよびカバーガラス(ソーダライム組成)としての使用が急速に拡大しています。長年にわたる当社の超薄板ガラスにおける技術・開発力を発揮し、今後もグローバルな顧客のニーズに応えてまいります。

当社グループは、本年5月15日に発表いたしました、長期戦略ビジョンおよび中期経営計画の下で、高付加価値製品の開発・販売に注力し、VAガラスカンパニーとなることを目指します。
http://www.nsg.co.jp/~/media/NSG%20JP/ir/IR%20Presentations/MTPPresentation2014_J04.ashx