Print this pagePrint this page
文字サイズ

エンジニアリングプラスチック添加用ガラス製フィラーの共同開発に関するお知らせ

日付
2015年 10月 08日

日本電気硝子株式会社(本社:滋賀県大津市 社長:松本元春。以下、「日本電気硝子」)と日本板硝子株式会社(本社:東京都港区 代表執行役社長:森重樹。以下、「日本板硝子」)は、エンジニアリングプラスチック(以下、「エンプラ」)の強化及び形状安定材料として使用されるガラス製フィラーの共同開発を行うことに合意しましたのでお知らせいたします。

1.背景
エンプラは、フィラー(充填剤)と呼ばれるミクロサイズの各種物質を添加することで、強度や各種耐性を高めたり、新しい機能を持たせることが可能であり、近年、自動車や電気・情報関連機器の部品の軽量化、高機能化等を目的として、その需要が高まっています。このようなフィラーとして、日本電気硝子はエンプラ強化用のガラス繊維製品、チョップドストランド(ガラス繊維を数千本に束ね所定の長さに切断したもの)を、日本板硝子はエンプラ寸法安定向上用のガラス製品、ガラスフレーク®(鱗片形状のガラス)を、それぞれ開発、製造及び販売し、品質面や供給面で今日高くご評価いただいていますが、一方でユーザーからは更なる機能性向上が求められています。

2.開発の狙い
日本電気硝子及び日本板硝子それぞれの製品が持つ特性(チョップドストランドはエンプラの強度向上、ガラスフレーク®はエンプラの寸法安定性向上)をより強く引き出すために、製品の表面処理剤、形状、処方等の開発を共同で行うこととなりました。これにより、エンプラの更なる機能性向上に寄与したいと考えます。

3.試供品提供開始時期
2016年3月末を予定しております。

4.ご参考


(リリース内容に関するお問い合せ先)
日本電気硝子(株) 総務部 広報担当 電話:077-537-1702
日本板硝子(株)  広報・IR部 電話:03-5443-9477

(製品に関するお問い合わせ先)
日本電気硝子(株) ガラス繊維事業本部営業部(東京) 電話:03-5460-2523
日本板硝子(株) フレーク・メタシャイン営業部  電話:03-5443-9503