Print this pagePrint this page
文字サイズ

世界初の長波長紫外線カットガラス開発に目処

日付
2016年 06月 24日

当社は、自動車用ガラス向け紫外線カットガラスの新製品UV Protect 400™の開発に取り組んでいます。UV Protect 400™は、皮膚深層部(真皮)にダメージを与えて皮膚のたるみ・ハリの低下・しわなどの原因となる紫外線UVAの、長波長領域(380nm~400nm)を含んだ紫外線(300nm~400nm)を、約99%カット*1する製品です。400nmまでの紫外線を約99%カットできるガラスは世界で初めてとなります。運転席付近のガラスだけでなく、後部座席周りのガラスでも400nmまでの紫外線を約99%カットできるように開発を進めており、自動車全周での紫外線カットに対応可能です。

既存の紫外線カットガラスでは、380nm波長以下の紫外線を約99%カット*2することが可能となっており、日本国内市場向けの車種に標準採用されるなど、近年採用が拡大しています。紫外線UVAの中でも長波長である380nm~400nmの波長は、真皮の奥深くにまで到達することから、この波長域まで効果的に防ぐことが重要と考えています。

乗員の方全員に、より快適な車室内環境を提供することを目指し、製品化に取り組んでまいります。

*1:当社測定値。ISO13837基準
*2:当社測定値。ISO9050基準


写真:既存紫外線カットガラスの検査工程

【ご参考:紫外線の種類(UVA・UVB・UVC)】

紫外線は、太陽光線のうち400nm以下の波長を指し、UVC(280nm以下)、UVB(280nm~315nm)、UVA(315nm~400nm)に分類されます。このうち、地表に到達する紫外線は、UVBとUVAです。UVBは表皮に到達し、発熱や発赤などの炎症を引き起こし、日焼けやシミの原因となります。UVAは、皮膚深層部の真皮に到達し、皮膚のたるみ、ハリの低下、しわの原因となります。紫外線による肌の老化は「光老化」と呼ばれており、近年その予防が重要と言われています。

以上