Print this pagePrint this page
文字サイズ

モバイル遺伝子検査機の開発に成功 ~現場に持ち込み、細菌やウイルスを約10分で検出~

日付
2017年 02月 08日

ポイント

  • 遺伝子検査機(リアルタイムPCR装置)の超小型化・軽量化に成功した。
  • 遺伝子検査の所要時間を従来の約1時間から約10分へ短縮できた。
  • バッテリー駆動で場所を問わず遺伝子検査が可能。

JST先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、日本板硝子株式会社(日本板硝子)、産業技術総合研究所(産総研)、および株式会社ゴーフォトンの共同開発チームは、「モバイル遺伝子検査機」(小型・軽量リアルタイムPCR装置注1))の開発に成功しました。

従来の細菌やウイルスなどの遺伝子検査は高精度で有用な一方、装置は大きく高価で検査にかかる時間も長いため、専門施設でしか利用できませんでした。感染の拡大を抑えるには早急に有効な対策が必要ですが、そのためには現場で原因となる細菌やウイルスなどを迅速に特定できる遺伝子検査機が求められていました。

開発チームは、小さなプラスチック基板で目的の細菌やウイルスの遺伝子を高速に増やす産総研の技術と、その遺伝子の量を高感度で測定できる日本板硝子独自の小型蛍光検出技術を組み合わせることで、高精度のまま小型化と検査時間の短縮を実現しました。

開発したモバイル遺伝子検査機は、従来の装置に比べ片手で持ち運べるほど小型・軽量(約200mm×100mm×50mm、重量約500g)で、従来は約1時間かかっていた検査時間注2)を、約10分に短縮しました。また、小型化により低コスト化を実現し、バッテリー駆動も可能にしました。

この成果によって、これまで専門施設内に限られていた高精度の遺伝子検査が場所を問わず実施可能となります。インフルエンザやノロなどのウイルスや細菌を現場で素早く特定できるため、医療現場だけでなく工場などの食品衛生、環境汚染調査のほか空港や港湾で感染症予防の水際対策での使用など、幅広い分野での活用が期待されます。このモバイル遺伝子検査機は、日本板硝子より年内発売を目標に開発を進めています。

<用語説明等>
注1)リアルタイムPCR装置
ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)による標的DNAの増幅を経時的(リアルタイム)に測定し、その結果からDNAの定量を行う装置。試料を、高温・低温の2温度(もしくは3温度)域を往復させることでDNAの特定の部分が、1サイクルごとに同部が2倍、4倍、・・と指数関数的に増幅する。(例えば、理論上40サイクルで約1012倍に増幅) 微量のDNAからでも増幅でき、遺伝子工学研究では必要不可欠な技術となっている。

注2)検査時間
高速試薬との組み合わせで使用した場合の、検査機の測定時間。前処理などは含まない。