真空ガラス「スペーシア®クール」が福岡市庁舎に採用されました

Date
2016年 04月 07日

当社が製造・販売しております真空ガラス「スペーシアクール」が、福岡市庁舎の窓ガラス改修工事に採用されました。今回の改修工事では、2015年5月~6月にかけて、同市庁舎西面(2~14階)の既存窓ガラス670枚が「スペーシアクール」へ取り替えられました。「スペーシアクール」は、優れた断熱性能を有する真空ガラス「スペーシア®」に日射遮蔽性能を付加した製品です。年間を通じて省エネ対策に優れた製品で、住宅のみならず、非居住建築物の暑さ対策・省エネ対策として数多くの案件でご採用いただいています。

同市庁舎は、窓ガラス寸法も大きく、特に西面は西日が直接差し込むため、夏場の暑さ対策(冷房費用削減)が問題となっていました。改善策として遮熱フィルムによる対策も検討されましたが、「スペーシアクール」の高い日射遮蔽性能や、施工が簡単で工期が短いこと、将来的なメンテナンス費用も抑えられることから、当製品が採用されるに至りました。

改修工事後の夏期に実施された温熱環境の測定結果では、既存窓ガラスと比較してガラス表面温度は5度、体感温度は6.4度下がったとの結果が得られています。また、今年1月に九州を襲った大寒波(1月25日:当日の福岡市内の天候は大雪で、最低気温は-4℃)の日には、その高い断熱性能により、改修工事を実施した西面の窓は結露の発生を抑え、庁舎をご利用の皆様に快適な環境を実感いただけました。

今後同市では地球温暖化対策として、住宅の窓ガラスを断熱仕様に改修した際の「省エネ住宅改修助成制度」の創設も検討されています。

当社は、市場ニーズに合致したValue Added製品(VA品)を、今後も積極的に展開し、「VAガラスカンパニー」となることを目指します。

福岡市役所 外観写真

(写真提供:福岡市)

【スペーシアクール構造図】

【性能比較表】

  • 可視光透過率:可視光透過率が高いほど、採光性能が高くなります。
  • 熱貫流率:室内外の温度差によって、ガラスを通過する熱量です。熱貫流率が小さいほど断熱性能に優れています。
  • 紫外線カット率:ガラスを通して室内に入る紫外線をカットする割合です。
  • 日射熱カット率:ガラスに入射した日射熱をカットする割合です。日射熱カット率が大きいほど日射を遮蔽します。

【日射遮蔽性能比較】  日射熱を約51%カット

【お問い合わせ先】

報道関係:日本板硝子株式会社 広報・IR部 TEL:03-5443-9477

お客さま:日本板硝子お客様ダイヤル    TEL:0120-498-023