Print this pagePrint this page
文字サイズ

製品情報

NSGグループの自動車用ガラス製品には、車内の快適性を高める最新ソーラーコントロールガラス、結露や氷結を抑制するガラス加熱システム、防犯ガラス、各種グレージングシステム(エンキャプシュレーションやエッジ押し出し成型、アセンブリー部品など)があります。



安全性

統合システム

環境快適性

遮音快適性

安全性

熱快適性

視界快適性(撥水)

視界快適性(融氷、除霜)

 

ソーラーコントロールガラス

車内に蓄積される日射熱の影響を軽減するガラスです。乗客の快適性を高めるとともに、車載エアコンの使用を減らすことでエンジン負荷を軽減し、燃費を向上させます。また、紫外線のカット機能により、内装材の製品寿命を引き伸ばします。

撥水ガラス

  • 撥水コーティング―ガラス表面に付着する雨滴を粒状化し、風圧で弾いて、クリアな視界を確保します。
  • 熱線式ガラス―ガラス表面を通電加熱することで車内側のガラスの結露を解消し、車外に面する側のガラス表面に氷結を発生しにくくします。

グレージングシステム

顧客価値の向上を目的に、ガラスにさまざまな部材や機能を付加します。ドアカセットまたはドアモジュール(内部ドア部品をフレームに搭載)はその一例です。これらをドアに組み込むことで、組立工程に要する時間を大幅に短縮することができます。エンキャプシュレーションでは、密閉成形工程により、窓フレームまたはガスケットをガラスと一体化させます。

合わせサイドガラス

遮音性や防犯性能を向上し、紫外線の侵入を抑制する、樹脂製中間膜を用いたサイドライト用合わせガラス。

統合アンテナシステム

ガラス表面に、TV、ラジオ、携帯通信機器用アンテナをワイヤーや印刷で形成します。

遮音ガラス

特殊な中間膜を挟み込んだ合わせガラス。風切り音、ロードノイズ、エンジン音など車内に挿入する騒音を遮断し、車内の静寂性を高めます。

ルーフガラス

面積の広いルーフライトには、車内の採光性・快適性・開放感を向上する効果があります。