glanova®

スマートフォンやタブレットの進化によって、その性能を支える化学強化用ガラスの重要性がますます高まっています。 それに伴い、強度や透明度、熱加工のしやすさといった性能だけではなく、適正なコストであることも、化学強化用ガラスに求められています。
glanova®は、そんなニーズに応えるために生まれた、化学強化用ガラスです。

 

強さがあり、クリアで熱成形しやすい、化学強化用ガラスに最適の新組成です。そして、フロート法により、高品質で低コストを実現しました。

ガラスの可能性が広がりました。
glanova®の熱成形に必要な温度は約700℃。これは、一般的なソーダガラスとほぼ同じです。低い温度で熱成形による曲面形状を実現できるため、曲面が求められる用途に最適です。また、従来の化学強化用ガラスでは難しかった加工やデザインも、コストを抑えながらできるようになります。
glanova®は、これからの化学強化用ガラスの可能性を広げる製品なのです。フロート技術を生かした超薄板(0.28㎜厚)の製品ラインアップを有し、ご提供してまいります。 車載用途、OA,FA用途、モバイル機器用途など多岐にわたって実績がございます。


ファインガラス事業部 ファインガラス営業部:042-775-1592
お問い合わせフォーム

※glanova®は日本板硝子(株)の登録商標です。