澤田 俊輔

[事務系]

建築ガラス事業部門 日本板硝子ビルディングプロダクツ㈱(大阪)
澤田 俊輔

商学部商学科卒 2007年入社

 

大学時代に熱中したことは?

大学時代に熱中したことは、ゼミの活動です。

あまり勉強をした記憶はありませんが・・・ゼミのメンバーと企画した山登りやビール工場見学、温泉旅行は良い思い出です。今でもゼミの友人とは、よく集まって思い出話や仕事の話をしています。

逆に、大学時代にもっと勉強をしておけば良かったと後悔しています。社会人になって家族を持つと自由な時間があまりないので、大学生のうちに本を読んだり、英語の勉強をしておくことをお勧めします。

NSGへの入社を決めた理由

日本板硝子へ入社を決めた理由は、2つあります。

1つ目は、フィーリングが合ったから。就職活動中、いろいろな会社の面接を受けましたが、一番自然体で面接を受けることができました。何十年も働く会社なので、自分の感覚に合った会社を選ぶことが重要だと思います。

2つ目は、将来の目標が明確になったから。会社説明会で先輩社員から「地図に残る仕事が出来る!」というお話を聞き、感銘を受けました。運良く建築用ガラスの営業に就くことができ、目標に向かって日々仕事に励んでいます。

現在の仕事内容

私は建築用ガラスの製造・販売を行う日本板硝子ビルディングプロダクツ㈱へ出向し、主にルート営業の仕事をしています。

ルート営業は、担当取引店と売上目標や重点商品の販売計画を立て、目標を達成するための仕組みを作ることが主な仕事です。

直近では、担当取引店と重点商品の真空ガラス「スペーシア」のキャンペーンを企画し、目標達成に向け活動しています。

仕事の喜び・やりがい・印象に残っている仕事

ガラスメーカーの営業の醍醐味は多くの人と関わりながら仕事が出来ることです。

受注を獲得しガラスを納入するためには、ユーザーや販売店、取引店といったお客様と何度も打合せを重ねて当社製品の機能などについての提案を行い、また先方のニーズを把握していきます。同時に、先方のニーズ(品質、コスト、納期など)に合った商品を提供するため、工場や技術・生産管理等社内の関係部署と調整をしていきます。プロジェクトになると、こうしたやりとりに数ヶ月をかけて進めることもあります。

私がある商品の発売に携わった際、プロジェクトがなかなか前進しなかったことがありましたが、関係者とのコミュニケーションを重ねることでようやく合意を引き出し、受注獲得にこぎつけることができました。完成した商品を見たお客様から「良くやってくれた!ありがとう!」と言われたときは、達成感と大きな喜びを感じました。

営業の仕事は社内外との信頼関係が求められ大変なこともありますが、お客様の反応を直接肌で感じることができるので、とてもやりがいを感じています。

就職活動中のみなさんへ

可能な限りたくさんの会社を回って下さい。その経験が後々みなさんの財産になると思います。

また就職活動中、悩んだ時は自分が何をやりたいのかじっくり考えて下さい。納得のいく就職活動が出来るよう、頑張って下さい!