山根 健

山根 健

[技術系]

AutoOE事業部門 舞鶴製造部 設備システム課
山根 健

工学研究科電気電子工学専攻卒 2008年入社

大学時代に熱中したことは?

学部時代は部活動やアルバイトに没頭していましたが、4年生になり大学院への進学を決めてからは、これまでやや疎かになっていた勉強に打ち込みました。

大学院時代は新たな環境の下、そこで知り合った他のメンバーとも研究を通してほぼ毎日昼夜を問わず共に過ごし、私も研究に熱中することができました。研究室での経験は、今の仕事上も役立っていると感じています。

NSGへの入社を決めた理由

大学・大学院時代とディスプレイやLEDなどに用いる光学デバイスの研究を行っていたため、それらに関連する企業への就職を考えていました。しかし、そのまま一般ユーザー向けの販売メーカーへ就職したのでは面白くないと思い、少し視点を変えて「ガラス」という材料から携わっていくのはどうかと考え、入社を決めました。

また、私が就職活動中は日本板硝子がグローバル企業として大きく前進する第一歩という時期でしたので、その点も非常に魅力を感じました。

現在は情報通信関係のガラスの製造や研究ではなく、設備保全担当という立場で主に電気関連の業務に携わっていますが、非常にやりがいがあって面白く感じています。

現在の仕事内容

山根 健

入社から現在まで設備システム課に所属しています。設備システム課では主に事業所内の設備の保全・故障対応などを中心に行っており、私は電気関係の担当です。故障予防のために定期的に部品などの更新を計画したり、故障が発生した場合、早期復旧できるように原因を調査します。

入社後初めて担当したのは強化ガラスの切断加工ラインで、ガラスを切断・研磨する特殊工作機械やガラスを移送するロボットなどを扱いました。これらの制御など、配属後に参加した外部講習で学んだことが現在の改造・保全・故障対応などに役立っています。

仕事の喜び・やりがい・印象に残っている仕事

山根 健

現場からのライン改善の要望、または自ら見つけ提案した改善項目、故障対策などをコスト、安全性、利便性などを考慮しながら主体的に計画し実施することが出来ます。

工事の際の実作業は主に現場の方々や業者に依頼して実施してもらいますが、一緒に仕事をやり遂げ試運転がうまくいった時は非常に達成感があります。さらに、依頼主からも喜んで頂き、「ありがとう」と言って貰えた時はさらに嬉しさが増します。

また、保全の専門知識や資格の取得などのため外部講習を受けたりしながら自分自身のスキルも磨くことが出来ます。

就職活動中のみなさんへ

いろいろな会社を比べて自分にとって1番の就職先を見極めることが出来るのは学生時代の今しかないので、できれば気になった会社は手当り次第見て回ってその会社について知ってからじっくり悩んで決めていくのもいいと思います。

尚、私は日本板硝子への入社を早々に決めたため、就職活動はあっという間にあっさりと終わってしまいましたが、この会社も現在の仕事も自分に合っていると思いますし愛着を持っています。みなさんも是非候補に入れてみてください。

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っているか?

工事の仕様を決める際には学生時代の基礎知識が非常に役立ちます。電源・配線・部品の規格、選定などで学生時代もっと勉強しておけばよかったと困ることも多いので間違いありません。私の場合、分からない点は都度調べるなどで苦労することもありますが、学生のみなさんは今からでも遅くはありません。しっかり勉強してください。

また、私は現在、電気・エネルギー関係の資格取得に取り組んでいます。設備システム課ではこれらの資格があるとより仕事の幅が広がっていきます。資格取得についても、学生時代の知識が活かされることが多いです。