経営戦略

Our Vision

当社は2018年に創立100周年を迎え、それを機に新たなNSGグループ経営指針「Our Vision」を策定しました。Our Visionは、以下の通り、「使命:NSGの存在意義」、「目指す姿:NSGのなりたい姿」及び「コアバリュー: 働き方の基盤となる価値観」から構成されています。

当社グループは、Our Visionを経営の指針とし、お客様と社会が求める多種多様なニーズに対して従来のガラスを超えるプラスアルファの価値やサービスを迅速かつ適切に提供することにより、持続的成長可能な社会の実現を目指しています。

ガラス技術で世界に変革を

長期戦略ビジョンと中期経営計画

2021年3月期から開始する新中期経営計画は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により事業環境の見通しが不透明になっていることから、その公表を一旦延期することとし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を見通せる段階で改めて公表予定です。

一方で、当社グループが目指すべき方向は、以下の通り不変であると考えています。

先進の発想で世の中に変化を起こすイノベーションカンパニーへ

  • 安定的な財務基盤の確立
  • 安定的に会社を支え続ける基盤事業の確立
    (戦略投資の成果、VA化推進継続、低採算事業の改善)
  • BICを中心としたグループの成長を牽引する新規事業の育成
  • 収益性・資本効率と成長性を軸とした事業ポートフォリオ転換
  • リーンでアジャイルな組織・文化の醸成

新型コロナウイルス感染拡大終息後の世界の経済・社会環境は大きく変わることも想定されますが、環境への貢献(太陽電池パネル用ガラス、ZEB/ZEH等の省エネルギーガラスなど)、健康への貢献(PCR検査機や抗菌ガラスなど)、テレワークなど通信需要拡大への貢献(光通信デバイスなど)といった製品分野は、当社グルー プが強みを持ち、社会の変化に関わらず必要とされる注目すべき領域であると考えています。

現在のような不確実、不安定な社会・経済状況下においても、経営指針「Our Vision」に基づき、グループ 一丸となって持続的に成長できる事業構造への変革を図っていきます。