日本板硝子のヘッド・アップ・ディスプレイ対応ガラスがゼネラルモーターズの北米で2021年発売予定の新型SUV車すべてに採用されました

2020年 10月 08日

日本板硝子株式会社(東京都港区、代表執行役社長兼CEO森 重樹、以下NSG)のヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)対応フロントガラス*1が、ゼネラルモーターズ(GM)が2021年に北米で発売を予定するすべての新型フルサイズSUV車 - シボレー タホ & サバーバン、GMC ユーコン/ユーコンXLおよび、キャデラック エスカレード/エスカレードESVモデルに採用されました。

今回採用された最新の15インチマルチカラーHUDは、米国で人気の高い各SUV車におけるドライバーの安全性向上に貢献します。

NSG独自の高精度プレス技術*2は、HUDに必要な複雑な形状で面精度*3の高いフロントガラスの製造に強みを発揮します。HUD等の運転支援システムの技術革新により、高性能の自動車用ガラスの需要は世界的に拡大を続けています。今回のGM向けHUD対応フロントガラスをはじめ、ユーザーの期待に応える自動車用ガラスの開発に積極的に取り組んでまいります。

*1直接情報を映し出すことができるフロントガラスです。

*2高精度プレス工法は、高温に熱したガラスを1 枚ずつ型にあわせてプレス成形する曲げ加工方法です。ガラス自体の重力によって自然成形を行う自重工法に比べ、ガラスを深く曲げるまたは立体的に曲げるような難しい成形や、ガラスに高い面精度 が求められる場合に適しています。

*3フロントガラスが設計通りに成形される精度。