世界初、水素エネルギーによる建築用ガラスの製造実験に成功

2021年 09月 03日

日本板硝子株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼CEO:森重樹、以下「NSG」)は、英国の事業所において水素エネルギーを使った世界で初めてのガラス製造の実証実験を行い、建築用ガラスを製造することに成功しましたので、お知らせいたします。

この実証実験の取り組みは、当社が2020年2月27日に発表した通り、「Hynet産業燃料転換」プロジェクト(*1)の一部です。実験は8月後半の3週間にわたり、グループ企業であるPilkington United Kingdom Limited社のグリーンゲート事業所(英国セントへレンズ)において行われました。

実験では、多くの課題を当社の有する技術の粋を集めて解決し、現在の主燃料である天然ガスと水素という2つの異なる燃料間の切り替えをシームレスに行うことに成功しました。これにより、水素でも天然ガスと同様の優れた溶融性能を達成できること、およびガラス溶融窯から排出されるCO2を大幅に削減できる可能性があることが証明されました。この実験の成功はNSGグループにとって脱炭素化を目指すうえで重要なステップです。燃料を天然ガスから水素に切り替えることができれば、グループのCO2排出量の過半を占めるフロート窯を圧倒的に少ない排出量で操業することができるようになります。

世界中の板ガラスの製造に革命をもたらしたフロートガラス製法は、まさにこのセントヘレンズで1952年に開発されたものです。それから70年後の今、同じ地で行われたこの実証実験は、世界のガラス産業にとってもう1つの重要なマイルストーンです。

今後、中長期的には、主要な産業拠点をつなぐ水素パイプラインの整備など、安定的な水素供給体制の確立によって、天然ガスから水素への完全な切り替えが可能になります。

NSGグループは、中期ビジョン「高付加価値の『ガラス製品とサービス』で社会に貢献するグローバル・ガラスメーカーとなる」を掲げ、3年間の中期経営計画「リバイバル計画24」において、年率2%のCO2排出量削減に取り組んでいます。これにより、2030年のCO2排出量(スコープ1および2)を2018年対比で21%の削減を達成し、また将来のカーボンニュートラルの達成に向けた、より具体的な道筋を早期に示していきたいと考えています。(*2)

以上

NSGグループ(日本板硝子株式会社およびそのグループ会社)について

NSGグループは、建築および自動車用ガラスとクリエイティブ・テクノロジー分野で事業を展開する世界最大のガラスメーカーのひとつです。

建築用ガラス事業は、各種建築用ガラス、太陽電池パネル用ガラス等を製造・販売しています。

自動車用ガラス事業は、新車用(OE)ガラスや補修用(AGR)ガラスの分野で事業を展開しています。

クリエイティブ・テクノロジー事業の主要製品は、プリンターやスキャナーに用いられるレンズや、タイミングベルトの補強材であるグラスコードやガラスフレークを中心とする特殊ガラス繊維です。https://www.nsg.co.jp

<お問い合わせ>
(報道関係等)
広報部
Tel:03-5443-0100

*1 HyNet:イングランド北西部における産業、一般家庭および交通機関から排出されるCO2削減に取り組む共同事業体
https://hynet.co.uk/

*2 中期経営計画「リバイバル計画24 (RP24)」説明資料
https://www.nsg.co.jp/-/media/nsg-jp/ir/ir-presentations/mtprp24presentation2021_j01.pdf

グリーンゲート事業所を訪れたスティーブ・ロザラム リバプール広域市長

実験では約60台のロードタンカー(写真後方)を水素運搬に使用

グリーンゲート事業所全景