TCFDに沿った取り組み

NSGグループでは2017年よりCDPの枠組みを活用しながら、気候関連の財務開示に関するタスクフォース(TCFD)の提言に沿った気候関連情報開示の整備を進めてきました。以下の表は現在の主な取り組みをまとめたものです。

当社グループの今までの気候変動ロードマップは、グループの脱炭素化の取り組みに伴うリスクの最小化と機会の最大化に焦点を当てたものにとどまっていましたが、今後は、TCFD提言に沿って、気候シナリオ分析を用いた行動計画を策定し、気候関連のリスクや機会に基づく潜在的な影響を評価することで、内容を充実させる予定にしています。

ガバナンス

項目

  • 気候関連のリスクと機会に関する取締役会の監督

NSGグループの取り組み

  • グループCEOおよび取締役会は、気候変動を含むグループのサステナビリティ活動の基本方針と目標を定めています。気候関連の課題は、目標と行動計画がすべてのサステナビリティ目標を達成し、関連するすべての事業につなげることを目的として、経営会議およびサステナビリティ委員会で議論されています。これには企業の成長と積極的な社会貢献の双方を達成するためのリスク分析と機会分析に基づく戦略や行動などが含まれます。

追加情報

CDPレポート 2021 C1.1 - C1.1b

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/about-nsg/governance/corporate-governance

項目

  • 気候関連のリスクと機会を評価および管理する上での経営の役割

NSGグループの取り組み

  • サステナビリティ委員会では、サステナビリティ目標に対する具体的な活動の進捗管理を行っています。その主な役割は、CEOが戦略をレビューし、グループ内のサステナビリティ活動を調整し、ステークホルダーとの効果的なコミュニケーションを確保するための諮問機関として行動することです。メンバーは全ての事業部門、グループファンクション部門の責任者で構成されています。

追加情報

CDPレポート 2021 C1.2

戦略

項目

  • 短期、中期、長期にわたって特定された気候関連のリスクと機会

NSGグループの取り組み

  • 特定されたリスクと機会には、次の影響が含まれます。
  • 現在の規制:欧州エネルギー指令に関連した高性能製品の供給機会など
  • 新たな規制:新しい産業排出量取引スキーム(ETS)による製造コスト増化のリスク、建築物への高性能な省エネ製品の供給機会など
  • 技術開発:EV市場や省エネルギー建築物市場の成長など
  • 法令遵守:将来のコンプライアンスに対応するリスクとコスト、より厳しい製品需要の機会、NSGの競争力のある製品開発など
  • 市場:顧客による建物・自動車の効率化につながる仕様に基づく製品開発の機会
  • 社外からの評価:顧客などのステークホルダーからの評価に関連するリスク
  • 突発的物理リスク(洪水、台風など):オペレーションとバリューチェーン供給継続性へのリスクや災害特需などの特定の製品供給の機会
  • 慢性的物理リスク(海面上昇など):主に現在および将来の事業およびバリューチェーンへのリスク

追加情報

CDPレポート 2021 C2.1 - C2.4

項目

  • 気候関連のリスクと機会が事業戦略と財務に与える影響

NSGグループの取り組み

  • NSGグループの事業戦略には、2020年3月期に実施したマテリアリティ評価と2℃上昇シナリオ分析で特定されたリスクと機会が既に織り込まれています。気候変動影響の緩和と、機会の最大化に関する主な取り組み例は、以下のとおりです。
    1. サプライチェーンおよびバリューチェーンパートナーと協力して低炭素への移行をサポートする互恵的製品開発シナリオの確立
    2. 温室効果ガス排出量削減に向けた研究・技術開発への投資、社会の脱炭素化を支える新製品の開発
    このような活動は、「快適な生活空間の創造で、より良い世界を築く」というNSGグループの使命と一致しています。

追加情報

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/investors/management-policy-and-sustainability/management-strategy

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/investors/management-policy-and-sustainability/materiality

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/sustainability/ceo

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/sustainability/sustainability-of-nsg-group/climate-change/va-products-and-service

項目

  • 2℃上昇、またはそれ以下のシナリオを含むさまざまな気候変動シナリオを考慮した戦略の回復力

NSGグループの取り組み

  • NSGは、2020年3月期に2℃上昇シナリオに基づいた分析を行い、その結果はSBTの設定につながり、事業戦略に完全に統合されています。この目標を遵守することで、物理的および移行的な気候関連リスクに対するグループの回復力が向上します。

追加情報

CDPレポート 2021 C2.3a - C3.1f

リスク管理

項目

  • 気候関連リスクを特定して評価するためのプロセス

NSGグループの取り組み

  • 戦略的リスク委員会(SRC)において、ISO31000に基づいた正式な企業リスク管理(プロセスを実施しています。SRCは、グループ活動に関連するリスク選好と許容度を定義し、戦略の達成におけるリスクを特定し評価するための定期的なプロセスを実施します。気候関連のリスクは、SRCによって特定され、モニターされるリスクに含まれており、財務への影響、事業への影響、コンプライアンスへの影響、外部評価への影響の4つのベクトルにわたる定量的基準を使用して評価されます。

追加情報

CDPレポート 2021 C2.1 - 2.2a

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/investors/management-policy-and-sustainability/risk-management

項目

  • 気候関連リスクを管理するためのプロセス

NSGグループの取り組み

  • 気候関連のリスクは、他の戦略的リスクと同じ基準で戦略的リスク委員会(SRC)によって評価され、モニターされます。SRCは、リスクのコントロールと緩和策を評価し、必要に応じて追加の措置を実施するよう指示します。リスクオーナーは、グループのリスク選好度の中でリスクを管理し、決められたアクションプランに対しての進捗状況をモニターし、報告する責任を負います。個々の統制と対策は、各事業およびグループファンクション内で進捗管理され、経営会議およびサステナビリティ委員会に報告されます。

追加情報

CDPレポート 2021 C2.2

項目

  • 気候関連のリスクを特定、評価、管理するためのプロセスと、事業全体のリスク管理との整合

NSGグループの取り組み

  • 気候関連のリスクは、他の戦略的リスクと同じプロセスと基準に従って戦略的リスク委員会(SRC)によって評価され、モニターされます。SRCに報告された特定のリスクと機会は、全社的なリスク管理や事業戦略につながるよう、定期的に(6ヶ月に1回以上)経営会議に報告されます。

追加情報

CDPレポート 2021 C2.2

指標と目標

項目

  • 戦略とリスク管理プロセスに沿って、気候関連のリスクと機会を評価するために使用する指標

NSGグループの取り組み

  • NSGグループは、グループ内(スコープ1、2)、サプライチェーン(スコープ3)および顧客(スコープ3)全体に影響を与えるすべての温室効果ガス(GHG)排出量をモニターしています。モニターされる主な指標は、3つのスコープにおけるCO2排出量の絶対量(トン)です。サプライヤーのサステナビリティへの影響は、EcoVadisプラットフォームなどのソフトウェアツールを使用してモニターされます。GHG排出量の将来の予測は、GHG排出削減に対する様々な行動の影響を推定するために使用され、投資や施策が各行動の戦略的リスクと機会およびグループ目標への全体的な影響に応じて最適化されるように、これらの行動の階層的アプローチで使用されます。

追加情報

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/sustainability/sustainability-of-nsg-group/target-and-results

項目

  • スコープ1、2、3(適切な範囲で)での温室効果ガス排出量および関連リスクの開示

NSGグループの取り組み

  • NSGグループのSBTの基準年度のCO2排出量は以下の通りです。
    スコープ1 = 3,103千トン、スコープ2(ロケーション基準)= 1,050千トン、スコープ3 = 2,513千トン
  • 最新年(2020年)の3つのスコープのCO2排出量は以下の通りでした。
    スコープ1 = 2,817千トン、スコープ2(ロケーション基準)= 728千トン、スコープ3 = 2,952千トン
  • 各事業における脱炭素化プログラムは、温室効果ガス排出削減に継続的に寄与しています。これらの行動は、気候変動リスクを軽減させるNSGグループの戦略の中で重要な役割を果たします。

追加情報

CDPレポート2020 C4、C6、C7

項目

  • 気候関連のリスク、機会を管理するために組織が使用する目標およびその達成度

NSGグループの取り組み

  • NSGグループは、2019年にSBTの認証を取得しました。この目標は、スコープ1とスコープ2全体でCO2排出の絶対量を21%削減することです。2020年は、このSBT達成に向けて順調に推移し、15%削減できましたが、この削減の多くの部分は新型コロナウイルス感染拡大による生産活動の減少によるものです。
  • 気候変動関連では、主に以下の2つの目標を設定しています。
    1. 2021年3月期~2024年3月期のCO2排出量/ガラス生産量を前年比2%削減。
      2020年は、主に新型コロナウイルス感染拡大がグループの事業運営に及ぼした影響により、当初計画に比べて6%の未達となりました。
    2. 2024年3月期までに、消費電力の50%以上を認定済みの再生可能エネルギー源から調達。2020年の実績は25%となり、順調に進捗しています。
  • その他、NSGのサステナビリティ目標であるサプライチェーンコンプライアンスに関する目標も設定しています。また、環境に配慮した製品から生み出される売上比率の目標も再設定する予定です。

追加情報

CDPレポート 2021 C4.1a - 4.2b

https://www.nsg.co.jp/ja-jp/sustainability/sustainability-of-nsg-group/climate-change/reducing-CO2-emissions

このレポートについて:
このレポートには、NSGグループによって既に開示されている情報が含まれており(統合報告書2020内、または気候変動に関するCDPへの回答情報など)、上記の資料にはこれらの情報が要約されて掲載されています。リスク分析、機会分析の期間は、短期的には1〜2年、中期は2~4年、長期は5年以上(通常は15年まで)であり、従来の開示情報の期間と一致しています。詳細情報については、それぞれの参考資料を参照下さい。

当社は、お客様のプライバシーを尊重しています。

当サイトでは、サイト利用状況の分析、アクセス履歴に基づく広告表示、ソーシャルメディアとの連携(いずれもオプション)、およびコンテンツの利便性向上(必須)の目的でCookie(クッキー)を使用しています。

「全て同意」をクリックすると、Cookieの使用および関連する個人データ利用に同意することになります。また、「必須のみ同意」をクリックした場合、必須Cookie以外のCookie利用を拒否することができます。Cookieの設定は、当社のCookieポリシーにアクセスし、いつでも変更することができます。

詳細については、