社長メッセージ

NSGグループは「快適な生活空間の創造で、よりよい世界を築く」という使命と、グループの持続可能な発展に向けた 積極的な行動により、透明性と客観性が確保されたガバナンスを基盤として、環境問題に取り組み、社会的責任を果たしていくことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

当グループでは、ガラス製造工程で発生する温室効果ガスの削減に積極的に取り組むとともに、省エネや自然エネルギー活用に貢献するガラス製品の提供を通じて気候変動の社会的影響の緩和や環境負荷の軽減を目指しています。当社グループは事業活動を通じ、社会と環境の両面に対し大きな貢献ができるように努めています。あらゆるステークホルダーの要請をバランス良く満たしながら、私たちのサステナビリティ目標の達成を目指しています。

サステナビリティ目標は、当社グループの長期戦略における重要課題であるマテリアリティとこれまでの活動の達成状況を考慮して制定しています。事業活動の環境負荷を管理することで、地域社会と調和しつつ、エネルギー効率の向上と資源管理の改善に取り組んでいきます。今年も引き続き、設備稼働率改善とさらなる省エネ対策により温室効果ガスを削減していきます。

従業員を含む全てのステークホルダーの健康と安全は、当社グループが事業に携わる上での基本になります。「NSGグループ安全の日」を毎年開催していることもその一つの現れです。「NSGグループ倫理規範」は、グループ従業員に求められる正しい行動について具体的な行動指針を示しています。これは国連グローバル・コンパクトの延長線上にあります。また、当社では、NSGグループ倫理・コンプライアンスホットラインを設置しており、従業員だけでなく誰もが報復を恐れることなく法令違反や不正行為に関する懸念を表明することができます。

良好なコーポレートガバナンスは当社グループの持続可能な発展の基礎です。この基礎を強固なものとし、東京証券取引所の「コーポレートガバナンス・コード」の諸原則の考え方を支持し、「NSGグループ コーポレートガバナンスガイドライン」を制定しています。

私たちは安全かつ倫理的な事業活動を通じ、これからも当社グループにおいてサステナビリティ原則の徹底に努め、環境保護に貢献していきます。

 

代表執行役社長 兼CEO
森 重樹