Super UV cutガラスの国内生産数量の引き上げについて

Date
2014年 06月 19日

当社は、自動車用ガラス分野において、紫外線(UV)を約99%*1カットするSuper UV cutガラスの国内生産レベルを、昨年11月に引き上げました。引き続き需要が旺盛であることから、この度更なる生産増を図ることにいたしました。

Super UV cutガラスとは紫外線を約90%カットする強化ガラスの車内面に、さらに紫外線を吸収する膜を成膜し、紫外線約99%カットを可能にした高機能なガラス製品です。自動車のフロントドアを中心に使用され、運転席や乗員の日焼けを防止し、快適なドライビング環境を提供いたします。

日本国内市場向けの様々な車種に採用が拡大しており、標準搭載が進んでいます。トヨタ自動車のNOAH・VOXYや、日産自動車のDAYZ ROOX、三菱自動車のeK SPACEなどに既に採用されています。

当社グループは、2014年5月15日に発表いたしました、長期戦略ビジョンおよび中期経営計画の下で、高付加価値製品の開発・販売に注力し、VAガラスカンパニーとなることを目指します。

*1:当社測定値。ISO9050基準。

【Super UV cutガラス 製品構成イメージ】

Super UV cut ガラス 製品構成イメージ

【お問い合わせ先】
報道関係:広報・IR部 TEL:03-5443-9477

以上