インクルージョンとダイバーシティの推進

グローバルにインクルージョンとダイバーシティ(I&D)に取り組むことは企業にとって重要課題であり、企業価値と従業員の職業人生の質の両方を高めるものとして広く認識されています。 NSGグループは、コアバリューの一つである「人を尊重し、人を活かす」に基づいてI&Dの一層の推進を目指すことを固く決意しており、 2017年に基本ステートメントを社内外に公表しています。

基本ステートメント

インクルーシブな組織文化と環境を築いていきます:
私たちは、すべての人が最大限の能力を発揮し、その豊富なアイデアを活かせるように、均等な機会を提供します。

多様な人材を求めていきます:
個人の素性、経験、嗜好および信条の違いを認め、尊重し、その多様な視点を重視します。

1) 推進体制

NSGグループはインクルージョンとダイバーシティ(I&D)をグループ全体で推進することを目的にグローバルI&D運営委員会を組織しました。同委員会は20名で構成され、すべての事業部門、ファンクション部門、事業を営む地域を対象としています。委員会は各事業部門と協働して各地域・国やグローバルでの施策を立案・実行、改善領域を明らかにし、進捗を評価しています。とりわけ留意しているのはI&Dを人事部門を超えた位置づけにすることで、すべてにおいてその考え方をもって推進しています。

2) 施策の実行

毎年計画するグループ・地域I&D施策に則り、各国・拠点はそれらの施策を実行しています。拠点レベルで毎年実施している施策の一つとして国際女性デーでの各種催し物があります。

グループレベルでの戦略的な施策実行のもう一つの例として、グループ全マネージャーを対象とした無意識バイアストレーニングの実施があります。無意識バイアスは、素早い意思決定のために、我々の脳が情報を取捨選択し、人や状況を分類する際に起きます。誰もが無意識バイアスを持っており、それは個々人の文化環境や積み重ねた人生経験の結果です。無意識バイアスは意識的な偏見よりもはるかに蔓延しやすく、ときには意識的な価値観と矛盾することがあります。 NSGグループのすべてのマネージャーはオンライントレーニングを受講することで、無意識バイアスとは何か、自分ならびに他者が無意識バイアスを持っていることの認識、そしてその潜在的な影響を緩和する方法を学んでいます。

ニュースレターも年3回発行され、全従業員に対して、国際女性デーや国際障がい者デーの認知活動などの取組みの促進に貢献しました。

インクルージョンとダイバーシティ(I&D)に関する2020年の取組みは、新型コロナウィルス感染症の世界的大流行の影響の度合いが国ごとに異なるため、主に地域主導の活動になりました。多様性を認める日として、国際女性デーや国際障がい者デーなどの啓発活動を行いました。上級管理職者に対してI&D目標が設定され、当社グループが事業に従事する多くの国で新たに I&D委員会が設置されました。

3) インクルーシブ・リーダーシップ

インクルーシブ・リーダーシップは個々人が最大限の力を発揮できることを目標として、個々人を認識し、尊重し、評価する一連の積極的な行動を言います。グローバルI&D運営委員会のメンバーはこのインクルーシブ・リーダーシップを推奨しています。

 

ノリーン・スルギ
サプライチェーンダイレクターAuto OE事業部門北米担当

「私たちはインクルーシブな文化とすべての社員が平等な考え方を持つことを奨励します」

 

シャーリー・サージェント
R&Dダイレクター欧州担当

「私たちはそれぞれ一人一人がチームにもたらす固有の貢献を高く評価します」

 

4) 女性の活躍の推進

NSGグループでは、I&D推進活動を通じて、女性社員の活躍、着実なキャリア形成を支援しています。日本では、2019年に、従業員の仕事と子育ての両立のため行動計画を策定し、高い水準の要件を満たしたことで、次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づき、より優良な子育てサポート企業として「プラチナくるみん認定」を受けることができました。

また、サクセッションプランでの女性候補者の登録、女性管理職配置ポジションの確認、男性社員の育休取得推進に取り組みました。女性総合職・管理職を対象としたオンラインキャリアワークショップも定期的に開催しました。女性社員同士のネットワーク作りやキャリアについて考える機会とすることを目的にした本活動では、普段の業務では交流できない社員が事業所や年齢の枠を超えてコミュニケーションを行うことで互いの刺激となり、モチベーションの向上につながっています。

さらに、住友グループのつながりを活かし、他社の女性との交流も行っています。2021年には住友各社と合同でのキャリアセミナーをオンラインで行い、自分らしいリーダーシップや今後のキャリアを見つける機会となりました。さらにこの学びを社内ワークショップで報告することで、女性活躍の推進につなげています。

グループ全体では、中期経営計画RP24「企業文化改革」の実現に向けて、「改革リーダーの育成・登用」のために女性の管理職登用を進めています。

NSGグループの管理職に占める女性従業員の割合

  • 2021年6月末実績 : 12.7%
  • 2024年3月期目標 : 各事業部門・各ファンクション部門の女性割合を現状比+1ポイント

5) 外国籍、中途採用者の活躍の推進

NSGグループは、グローバルに統合されたグループとして事業を行っており、多様な国籍の経営層を有しています。私たちは、様々な国籍、技術、資格、および経験を持った多様な従業員こそが事業に多くの利益をもたらすものと確信しています。NSGグループの管理スタイルは、国籍あるいは国・地域にかかわらず適材適所です。グローバルに所在する各地域のグループ会社は、基本的にはその所在国の従業員がマネジメントしています。

NSGグループの上級管理職に占める外国籍従業員の割合

  • 2020年3月末 : 80.7%
  • 2021年3月末 : 82.5%

またNSGグループは、様々な技術、資格、経験を持った多様な従業員がグローバルで活躍しています。日本においては、各事業部門やファンクション部門で求められるスキルやキャリアに応えるため、新規雇用での中途採用を積極的に実施しています。

NSG(単体)従業員の新規雇用者数

  • 2020年3月期: 新卒採用 34名、中途採用 67名
  • 2021年3月期: 新卒採用 26名、中途採用 8名