良い製品のみを届ける

「最初から正しい方法で」の理念は、継続的な供給および新たな製品とサービスの導入の両方においての一貫した成果をサポートします。NSGグループには、品質改善と更なる品質リスクの軽減を推進するため、「良い製品のみを届ける」施策が導入されています。「良い製品のみを届ける」プログラムの目標は、根本原因から不良の発生を防止し、品質および歩留を改善することです。これによりお客様を守り、社内のコスト削減に集中することができます。

「良い製品のみを届ける」プログラムでは、生産環境全体にわたって機能する構造的なアプローチ内にある品質改善方法のツールボックスを利用します。

例:自動車用ガラス事業のトレーサビリティ

NSGグループの自動車用ガラス事業おける部品レベルのトレーサビリティは、製品の品質問題を発生源にまで遡って追跡する工場にとって重要な課題です。これには、各ガラスにシリアルナンバーの刻印が必要です。

北米での新しいトレーサビリティソリューションのパイロットアプリケーションは、お客様から素晴らしいフィードバックをいただきました。現在の目標は、品質問題の詳細な調査をサポートするために、このアプローチをより広く展開することです。

例:協働ロボット

協働ロボットの使用は、自動車用ガラス事業の部品を生産する際の反復作業や困難な作業における人的エラーを削減するためのプロジェクトとして展開されています。重要な特徴は、協働ロボットが安全上のリスクなしにオペレーターと連携することができ、オペレーターの動きを再現することを学習することです。