ポーランドにおけるガラスメーカーとして初めて再生可能エネルギーによる電力購入契約(PPA)を締結

2022年 01月 14日

-約15,000台の乗用車1年間走行分のCO2削減効果を実現-

日本板硝子株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼CEO:森重樹、以下「NSG」)は、温室効果ガス排出削減策の一環として、ポーランドにある風力発電所によって生成される再生可能電力の購入契約(PPA:Power Purchase Agreement)を締結しましたので、お知らせいたします。なお、本PPA契約は、ポーランドで事業を行うガラスメーカーとしては初めてであり、NSGグループにおいても全世界で初めての取り組みです。

本契約はNSGグループの子会社であるNSG UK Enterprises社と、世界第4位の再生可能エネルギー供給者であるEDP Renewables社(EDPR)との間での仮想PPAとして締結されました。NSGは、風力発電所の発電能力70メガワット(MW)のうち、51%分(35.7MW)を2022年1月から10年間にわたって購入します。

NSGグループのポーランド国内での年間電力需要のうち、約100ギガワット時(GWh)分を今回のPPAによる固定価格で購入することで、現在見られるような不安定な電力価格への影響を軽減し、長期的に予測可能なコストで再生可能電力を確保するのに役立ちます。

また、この再生可能エネルギーの導入に伴うCO2削減効果は、約15,000台の乗用車が1年間の運転で排出する量(または走行距離2.78億kmの排出量)に相当します。

NSGグループは、2024年度までにグローバルに電力の少なくとも50%相当を再生可能エネルギーから供給することを目標としています。今回のPPAによって、この目標達成により近づくと同時に、SBTイニシアティブ(*1)に認定されたNSGグループの温室効果ガスの排出削減目標にも貢献するものと期待しています。

NSGグループは、中期ビジョン「高付加価値の『ガラス製品とサービス』で社会に貢献するグローバル・ガラスメーカーとなる」を掲げ、3年間の中期経営計画「リバイバル計画24」 (*2) において、年率2%のCO2排出量削減に取り組んでいます。これにより、2030年のCO2排出量(スコープ1および2)を2018年対比で21%の削減を達成し、また将来のカーボンニュートラルの達成に向けた、より具体的な道筋を早期に示していきたいと考えており、サステナブルな社会の実現に向け様々な活動を推進してまいります。

以上

NSGグループ(日本板硝子株式会社およびそのグループ会社)について

NSGグループは、建築および自動車用ガラスとクリエイティブ・テクノロジー分野で事業を展開する世界最大のガラスメーカーのひとつです。

建築用ガラス事業は、各種建築用ガラス、太陽電池パネル用ガラス等を製造・販売しています。

自動車用ガラス事業は、新車用(OE)ガラスや補修用(AGR)ガラスの分野で事業を展開しています。

クリエイティブ・テクノロジー事業の主要製品は、プリンターやスキャナーに用いられるレンズや、タイミングベルトの補強材であるグラスコードやガラスフレークを中心とする特殊ガラス繊維です。https://www.nsg.co.jp

<お問い合わせ>
(報道関係等)
広報部
Tel:03-5443-0100

*1 SBTイニシアティブ(SBTi)

SBTiは、CDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)およびWW(世界自然保護基金)による共同イニシアティブで、気候変動リスクの低減に向けて企業に対し、科学的知見と整合した温室効果ガス削減目標の設定を推進しています。認定されたNSGグループの目標では、温室効果ガス排出量(Scope1およびScope2)を2030年までに2018年対比で21%削減することとしており、これを実現するために、ガラス製造プロセスの最適化や省エネルギー技術の開発、再生可能エネルギーの使用拡大などを進めています。

*2 中期経営計画「リバイバル計画24 (RP24)」説明資料

https://www.nsg.co.jp/-/media/nsg-jp/ir/ir-presentations/mtprp24presentation2021_j01.pdf

EDP Renewables社(EDPR)について

EDP Renewables(Euronext: EDPR)は、再生可能エネルギー分野の世界的リーダーであり、世界第4位の再生可能エネルギー生産者です。EDPRは、健全な開発パイプライン、ファーストクラスの資産、市場をリードする事業能力を備え、近年ではヨーロッパ、ラテンアメリカ、北米、アジアの26か国で事業を行っています。

EDPRは、持続可能性と統合の面で社会的進歩を促進することにコミットしており、これは、ブルームバーグ男女平等指数銘柄への選定や、ヨーロッパ(スペイン、イタリア、フランス、ルーマニア、ポルトガル、英国)のTop Employer 2020、トップ雇用者2020と米国のTop Workplace 2020にも選定された事実によって反映されています。

EDPRの主要株主であるEDPは、グローバルなエネルギー企業であり、価値創造、革新、持続可能性のリーダーです。EDPは14年連続でダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに含まれており、最近ではダウ・ジョーンズ指数で世界で最も持続可能な電力会社として認識されています。