NSGグループ - 代表執行役等の異動について

Date
2009年 08月 26日

当社(東京本社:東京都港区三田三丁目5番27号、社長:スチュアート・チェンバース、資本金:961億円)は、本日開催の取締役会で下記の決定を致しましたのでお知らせいたします。

当社代表執行役社長兼CEOのスチュアート・チェンバースは9月30日をもって現在の職を辞任いたします。取締役も辞任し、辞任後はシニアアドバイザーに就任予定です。

後任の代表執行役社長兼CEOには取締役会長の藤本勝司が10月1日をもって就任いたします。

上記の異動にともない、取締役会議長の出原洋三は、取締役会議長兼取締役会長に就任いたします。

この体制は今後長期的な後継体制を確立するまで継続します。

以下は取締役会議長出原洋三のコメントでございます。

「スチュアート・チェンバースはピルキントン社買収時には同社のCEOであり、また同社買収後は当社のCOOに、そしてその後CEOに就任いたしました。ピルキントン社時代から数え、この7年間、同氏は経営トップであり続け、そして買収後両社の統合を成功に導きましたが、このたび家庭の事情で退任することを決意しました。

同氏はこれまで会社に対しビジネス運営と財務面の両方において大きな貢献を致しました。当社は現在の世界的な景気後退のなかでも、当社の戦略目標に対して相当な進展を図ることができました。統合は完了し、借入金削減は予定より1年早く目標を達成しました。そして現在の市場環境に見合う思い切った構造改革を実行いたしました。わたくしはこの場を借り、両社の統合及びインターナショナルな新NSGグループをつくりあげることにおいて果たした同氏のこの3年間に渡るコミットメントと情熱に感謝したいと思います。」

【お問い合わせ先】

日本板硝子株式会社 広報・IR部 TEL:03-5443-9477