特別利益と特別損失の計上及び業績予想の修正について

Date
2000年 05月 14日
この度、特別利益と特別損失の計上により、平成12年3月期の業績予想の修正を以下の通りお知らせいたします。

1.単独業績予想の修正について
  来年度から導入される退職給付会計に備えて、退職給与引当金及び退職年金の会計処理変更による繰り入れとして約77億円を平成12年3月期の特別損失として計上いたします。
  また、舞鶴工場4号窯の定期修繕終了に伴う修繕引当金の余剰分の取崩し益約21億円を特別利益として計上するとともに、税効果会計を採用しました結果、平成12年3月期単独業績予想を次の通り修正いたします。

  単独平成12年3月期業績(平成11年4月1日~平成12年3月31日)
  単位 売上高 経常利益 当期純利益
前回発表(A)
(平成11年5月26日発表)
百万円 190,000 2,000 2,000
今回修正(B) 百万円 - - 500
増減額(B)-(A) 百万円 - - △1,500
増減率 % - - △75.0
前期実績
(平成11年3月期)
百万円 185,090 787 401

2.連結業績予想の修正について
  単独同様、退職給与引当金及び退職年金の会計処理変更による繰り入れとして約91億円を特別損失として計上いたしますが、火災保険還付金の特別利益計上や投資有価証券売却益の増加等によりまして、平成12年3月期連結業績予想を次の通り修正いたします。

  連結平成12年3月期業績(平成11年4月1日~平成12年3月31日)
  単位 売上高 経常利益 当期純利益
前回発表(A)
(平成12年1月25日発表)
百万円 280,000 2,500 12,000
今回修正(B) 百万円 - - 14,000
増減額(B)-(A) 百万円 - - +2,000
増減率 % - - +16.6
前期実績
(平成11年3月期)
百万円 249,520 △2,516 △2,975