平成14年3月期業績予想の修正について

Date
2001年 08月 23日
平成13年5月25日の決算発表時に公表した平成14年3月期(平成13年4月1日~平成14年3月31日)の業績予想を下記の通り修正いたしますのでお知らせいたします。

1.平成14年3月期の連結業績予想数値の修正
(1)中間期(平成13年4月1日~平成13年9月30日)の業績予想(単位:百万円、%)
  売上高 経常利益 中間純利益
前回発表予想(A) 160,000 11,000 8,000
今回修正予想(B) 150,000 4,000 3,000
増減額(B-A) ▲10,000 ▲7,000 ▲5,000
増減率 ▲6.3% ▲63.6% ▲62.5%
前中間期実績 150,996 12,100 20,328

(2)通期(平成13年4月1日~平成14年3月31日)の業績予想(単位:百万円、%)
  売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 350,000 27,000 17,000
今回修正予想(B) 310,000 9,000 6,000
増減額(B-A) ▲40,000 ▲18,000 ▲11,000
増減率 ▲11.4% ▲66.7% ▲64.7%
前期実績 307,401 23,905 31,522

2.平成14年3月期の単独業績予想数値の修正
(1)中間期(平成13年4月1日~平成13年9月30日)の業績予想(単位:百万円、%)
  売上高 経常利益 中間純利益
前回発表予想(A) 105,000 6,000 3,000
今回修正予想(B) 95,000 1,500 1,000
増減額(B-A) ▲10,000 ▲4,500 ▲2,000
増減率 ▲9.5% ▲75.0% ▲66.7%
前中間期実績 104,408 5,386 2,135

(2)通期(平成13年4月1日~平成14年3月31日)の業績予想(単位:百万円、%)
  売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 230,000 17,000 9,000
今回修正予想(B) 200,000 3,000 2,000
増減額(B-A) ▲30,000 ▲14,000 ▲7,000
増減率 ▲13.0% ▲82.4% ▲77.8%
前期実績 211,603 15,562 6,460


3.理由
当中間期は、世界的なIT産業の低迷、特に北米を中心とする情報・通信関連市場の低迷により、主として、光通信用マイクロレンズなどの需要の落ち込みが顕著となりました。このような状況にあって、売上及び利益が計画を下回る見込みとなり、当中間期の業績予想を修正いたします。
また、通期の業績予想につきましても、今後も厳しさが継続すると思われる状況を勘案して、修正を いたします。