中国での特殊硝子繊維製造会社設立について

Date
2005年 01月 31日
日本板硝子株式会社(本社:東京都港区 社長執行役員:藤本勝司)は、今後とも成長が期待できる、タイミングベルト用特殊硝子繊維の需要に対応するため、中国に新たに製造会社を設立することとしましたので、お知らせ致します。

この会社(仮称 蘇州日硝特殊玻璃繊維有限公司)は、中国・蘇州近郊に工場を建設し、2006年7月を目処にタイミングベルト用特殊硝子繊維の生産を開始する予定にしています。総投資額は約14億円を予定しています。

既に当社は日本・英国・カナダに計3カ所の生産拠点を持っておりますが、この新会社の設立により世界で4番目の生産拠点を持つこととなります。これにより製品のグローバル供給体制をさらに強化し、今後とも事業の拡大継続を積極的に展開して参りたいと考えております。

<設立会社の概要>
  1) 社名 蘇州日硝特殊玻璃繊維有限公司(仮称)
  2) 所在地 中国蘇州 (約30千m²)
  3) 資本金 約5億円
  4) 出資 日本板硝子株式会社100%
  5) 生産能力 900トン/年
  6) 会社設立 2005年4月(予定)
  7) 生産開始 2006年7月(予定)

【お問い合わせ先】
日本板硝子株式会社 総合企画室 広報グループ
(担当:藤井・尾崎) 03-5443-9505

マイクログラス® ゴムコード 自動車用タイミングベルト
マイクログラス® ゴムコード 自動車用タイミングベルト

【ご参考】
ゴムコードは、ガラス長繊維を特殊加工し、マトリックスゴムとの密着性を高めた製品です。過酷な動的屈曲疲労のかかる自動車やOA機器の歯付ベルトなどの補強材として長期間にわたって性能を保持し、機器の稼働時に生じる騒音の緩和にも高い効果を発揮します。また、引っ張り強度が大きく、ゴムとの密着性・耐熱性に優れ、伸縮率が小さいという特性を生かして、ゴム補強用材料として使用されます。