特別利益及び特別損失の計上について

Date
2006年 11月 21日

当社は、同日開示しております平成19年3月期中間決算において、以下の特別利益及び特別損失を計上しておりますので、お知らせいたします。

1. 特別利益の内容について

当社千葉事業所の型板ガラス製造設備の次回定期修繕計画の見直しにより、修繕引当金の取り崩しを行い、当中間期に約10億円の特別利益を計上したものです。

2. 特別損失の内容について

(1)当社舞鶴事業所の自動車用硝子加工設備の一部について、将来的に使用する見込みが無くなったものについて減損処理を行い、約7億円の特別損失を計上したものです。
(2)当中間期において発生しました英国ピルキントン社の買収に伴う関連費用について、約117億円の特別損失を計上したものです。

3. 業績への影響等について

これによる平成19年3月期の業績予想の修正は行っておりません。